fbpx
Instapageとは?料金プランとInstapageのメリット&デメリット!誰でも簡単にプロ並みのランディングページが作れる

LP(ランディングページ)

Instapageとは?料金プランとInstapageのメリット&デメリット!誰でも簡単にプロ並みのランディングページ(LP)が作れる

Instapage(インスタページ)は、ランディングページ(LP)が簡単に作れて、コンバージョンを最適化するために設計された強力なランディングページ作成ソフト。

ランディングページに特化しているので、機能もシンプルですぐに使いこなせるのも嬉しい。

ABテストも簡単に実施できるので、すぐに売れるLPを作成できます。

Instapageのメリット・デメリット、料金プランごとの機能の違いも解説!

most powerful landing page builder (UI)-300x250 px

Instapageとは?

Instapage

Instapage(インスタページ)とは、誰でも簡単にプロ並みのランディングページ(LP)が作れる海外オンラインツール。

Instapageは、ノーコードで完全自由にドロップ&ドラックでLPを作れるのが最大の特徴です。

ブラウザ上で作成できるので、パソコンへのインストールは不要で、macでもWindowsでもどちらでもOK。

最初は「料金が高いな~」と思って14日間のお試しをスタートしたものの、一度使うと手放せないツールに。

もっと安いランディングページ作成ソフトもあるものの、Instapageの自由度は群を抜いています。

すでに用意された優れたデザインテンプレートを選び、思った通りに文字や画像、ボタンを配置していくだけで、あっという間にプロ並みのランディングページの出来上がり。

また、テストも簡単にできるので、どんどんコンバージョン率を高めていくことが出来ます。

他のツールだとInstapageほどの自由度がないため、Instapageを一度使ってしまうとどうしてもイライラしてしまうので、料金が高くてもInstapageになってしまう。

それにABテストも簡単にでき、メルマガ配信システムとの連携も簡単。

WordPressとの連携は、Instapageのプラグインを入れるだけと感動的に楽ちん。

無駄にシステムで悩む時間を大幅に削減できるので、時間を大きく節約できます。

Instapageを使えば、どんどん自分でテストをして、コンバージョン率アップを図れるので、広告を使っているのであれば、広告費削減にもつながりますし。

ノーコードで簡単に高品質なLPを作れる

Instapage14日間無料トライアルへ

ABテストも簡単

Instapageの料金プラン(Instapage price)

Instapageは2つの料金プラン

Instapage料金プラン

Instapageの料金プラン は「Building」と「Converting」の2つ。

Buildingプランの料金は、1ヶ月$299(約32,000円)又は、年契約で1ヶ月$199(約21,000円)。

Convertingプランの料金は、必要に応じてカスタマイズできるプランで料金もカスタム次第となっています。

 Instapageの料金プラン Buildingプラン Convertingプラン
 価格(月契約/月) $299(約32,000円) カスタマイズ
$599~
価格(年契約/月) $199(約21,000円)
 割引 年間請求で33%割引
無料プラン 14日間のトライアルあり
月間ユニークユーザー 30,000人 100,000人
公開ランディングページ数 30個 100個~

一番大きな違いは、月間ユニークユーザーとランディングページ数の数。

Instapage公式HP には記載がないのですが、契約するとそのような上限が表示されます)

まずはBuildingプランでスタートし、規模が大きくなったらConvertingプランにといった感じですね。

(ヒートマップや1:1広告からページへのパーソナライズなど高機能を使いたい場合もConvertingプランから)

参考

ユニークユーザーとは、あなたの作成したランディングページを訪れた方のことで、同じ方が何度も訪問しても1人とカウントします。

Cookieと呼ばれるものでユニークユーザーをカウントしていますが、Cookieの追跡期間は3日間。

それ以降に、また同じ月に訪問した場合は、新しいユニークユーザーとしてカウントされます。

1ヶ月の期間は契約日から1ヶ月単位です。

料金プランごとの機能の違い

「Building」と「Converting」の違いは、大きくは月間ユニークユーザーとランディングページ数の数ですが、それ以外にも機能の違いがあります。

表で比較するとこんな感じです。

機能 Buildingプラン
Convertingプラン
料金(年間請求時の月額) $199 カスタマイズ
($599~)
コンバージョン無制限
月間ユニークユーザー 30,000人 100,000人~
公開ランディングページ数 30個 100個~
ワークスペース 3個 10個~
チームメンバー 3人 10人~
専任のカスタマーサクセスマネージャー
デザインレビュー
Instablocks
カスタマイズ可能なランディングページテンプレート
無制限のA / Bテスト
リアルタイムのビジュアルコラボレーション
AMPページとエクスペリエンス
トールレンダリングエンジン
ポストクリックスコア
アドマップ
コンバージョン分析
動的テキスト置換
SSL証明書
GDPRコンプライアンス
Zapier統合
Hubspotの統合
Salesforce統合 ×
Marketo統合 ×
編集可能なグローバルブロック ×
1:1広告からページへのパーソナライズ ×
ヒートマップ ×
マルチステップフォーム ×
カスタムフォント ×
SSO(シングルサインオン) ×
ダイレクトリードバイパス ×
監査ログ ×
保証された稼働時間変換SLA ×
ページ移行サービス ×
専用ローンチスペシャリスト ×
カスタム機能の実装 ×
カスタム統合 ×
変換コンサルティング ×
デザインサービス ×

Salesforce統合以降がConvertingプランだけに備わった機能。

Instapage Heatmaps

Convertingプランで注目は、とくにヒートマップと1:1広告からページへのパーソナライズ。

ヒートマップを使えば、ページのどの部分がよく見られているのかや、どこがクリックされているのかがわかるので、ランディングページ修正の大きなヒントになります。

また、1:1広告からページへのパーソナライズを使えば、広告クリック後に表示されるランディングページをパーソナライズできるので、コンバージョン率をアップさせられます。

Instapageに無料プランはなし

Instapageには、無料プランはありません。

Buildingプランなら、14日間無料でお試しできるので、まずはお試しを。

月間ユニークユーザーを超えた場合は?

月間ユニークユーザーが80%になるとアカウントに通知があり、教えてくれます。

もし、月間ユニークユーザーを超えた場合は、ランディングページが新しい月まで非公開になってしまいます。

そのため、プランを追加したくない場合は、広告出稿をコントロールして、ページビューを抑えましょう。

ただ、結果が出ているのであれば、ここでページビューを抑えては、機会損失が出てしまうので、Convertingプランへアップグレードがおすすめ。

ひと月30,000人超をランディングページに誘導できていれば上位プランでも十分元が取れると思うので。

ランディングページ数

Buildingプランで公開できるランディングページの数は30個まで。

30個を超えてランディングページを公開したい場合は、Convertingプランへアップグレードがおすすめ。

Instapageのメリット・特徴

Instapageのメリットは、

メリット

  • 誰でも簡単にプロ並みのランディングページが作れる
  • テンプレートが豊富でLPの知識がなくてもそれなりに作れる
  • 表示速度が速い
  • A/Bテストも簡単でテストがはかどる
  • WordPressやメルマガソフト、Shopify、PayPal、Stripeなどと簡単連携

誰でも簡単にプロ並みのランディングページが作れる

最大のメリットが「誰でも簡単にプロ並みのランディングページが作れる」こと。

ノーコードで直感的に操作できるので、自分の思い描いたLPを簡単に作れます。

本当に自分の好きなところに配置できるので、一度触ると驚くと思います。

完全自由にドロップ&ドラックで、しかも直感的に使える。

一度Instapageを使ってしまうと、他のツールが使えなくなります。

どこにでも自由に配置できるのは本当に最高!

直感的に作れるので、1日でプロ並みのランディングを世界中に公開できます。

テンプレートが豊富でLPの知識がなくてもそれなりに作れる

Instapageのテンプレートが豊富

Instapageの嬉しいポイントは、テンプレートが豊富なところ。

おしゃれなテンプレートが多いので、テンプレートからスタートすれば、素人っぽさから脱却できます。

既存のテンプレートからスタートして、ドロップ&ドラックで自由に自分用にカスタマイズすれば、LPの知識がなくてもそれなりに売れるLPを作れるのは嬉しいですね。

あとは、A/Bテストを繰り返していけば、鉄板の売れるLPを作り上げられます。

表示速度が速い

Instapage_ AMP Landing Pages@2x

ノーコードで作れるLPの多くは、表示速度が遅くなるというデメリットを抱えています。

そんな中、ノーコードで作れるツールの中で、Instapageは表示速度が断然速い!

これとても重要で、表示速度が遅くなると、Googleの検索結果にも悪影響を及ぼします。

予算を抑えるために、WordPressを使ってElementorやDiviなどの有料テーマを使えばある程度ノーコードで簡単に作れるものの、速度はとても遅い。

また、WixやWebflowも流行っていますが、こちらも表示速度はとても遅いです。

どうしても、ノーコードで作れるようにするために、そのページでは使っていない余計なコードも裏で読ませているため、表示速度が遅くなっているんですよね。

そんな中、Instapageは、自由度が高く誰でも簡単なのに、表示速度が落ちないのはとても大きなメリット。

もちろん、一番表示速度が速いのは、外注でLPを1枚ペラで作ってもらうことですが、外注は料金も高いです。

ABテストも簡単でテストがはかどる

ランディングページはテストが命。

Instapageなら、A/Bテストも簡単。

出現率を決めてどのパターンが一番コンバージョンしたかを簡単に計測できます。

A/Bテストを繰り返すことでコンバージョン率がアップし、あなたの会社の売上をどんどんアップしてくれます。

WordPressやメルマガソフト、Shopify、PayPal、Stripeなどと簡単連携

Instapage連携

海外オンラインツールなので、他社ソフトとの連携もばっちり。

簡単にWordPressとも連携できるので、独自ドメインのHPの中にInstapageで作ったLPを置くことが出来ます。

(WordPressの連携はInstapageのプラグインを入れてしまえば、面倒なドメイン設定なども不要なのでとんでもなく簡単)

連携も難しいことなしで、簡単にできるので、こちらの知識も不要。

MailChimp、ConvertKit、Benchmarkなどのメルマガソフトとも簡単連携できるので、リスト集めのLPもOK。

Shopify、PayPal、Stripeなども簡単連携できるので、売るためのLPもOK。

Google AnalyticsやGoogle広告、Facebook広告などとも連携可能です。

Instapageのデメリット

Instapageのデメリットは2つ。

デメリット

  •  料金が高い
  • 管理画面は英語で日本語化できない

料金は高い

Instapageの料金は月額プラン$299/月、年間プラン$199/月とぶっちゃけ高いです。

まだ売上が立っていない状態で利用するにはハードルが高いですよね。

Leadpages など1/3の料金で使えるサービスもあるので、悩ましいところ。

ただ、一度試してみると料金が高いのはやむを得ないかなと思ってしまうほど、簡単にプロ並みのLPが作れます。

しかも、ランディングページは1度作って終わりではなく、テスト&テストで効果を見極めながら繰り返し手直ししていく必要あり。

テストも簡単にできるし、手直しも簡単。

売ることに集中できるので、時間を節約できると考えれば十分ペイするかと。

もし、これまでランディングページ作成を外注していた方からすると、むしろかなりの経費削減になると思います。

1本作るのに、10万~60万円くらいはかかるので。

1本分の料金で1年間使えて、自分で思い立ったときにサクッと修正できるので、結果的にInstapageの料金は安い!という体感になります。

月額プランと年間プランでは1月$100も違うので、「使える!」と思ったら年間プランに切り替えたほうがオトクです。

管理画面は英語で日本語化できない

Instapageは海外ツールなので、残念ながら管理画面は日本語対応していません。

ただ、Instapageはとてもシンプルな作りになっているので、英語が読めなくても問題なく使いこなせます。

Google Chromeを使って、日本語翻訳してしまえば日本語サイトと同じように使えるので、管理画面も問題なし。

英語はできませんが、不便を感じたことはありません。

もちろん、LP自体は日本語で作成できるので問題なし。

文字化けなどもしません。

海外オンラインツールを日本語で快適に使う方法
海外オンラインツールを日本語で快適に使う方法!無料で英語サイトをまるごと日本語に翻訳

海外オンラインツールは、日本で開発されたオンラインツールに比べると、低価格で高機能であることがほとんど。 英語圏の人口のほうが遥かに多いので、提供できる数が圧倒的に違い、料金が安くても十分利益が出るか ...

続きを見る

InstapageのSEO対策

Instapage seo

InstapageはLPでも、きちんとSEO対策できるようになっています。

SEO対策は、Googleやヤフーの検索結果の上位表示させるためにとても大事なもの。

SEO対策で必要な、ページタイトル、キーワード、メタディスクリプションを簡単に設定できます。

もちろん、SNSの設定、アイキャッチ画像の設定も可能。

また、検索結果に表示させないように「noindex」を付けることもボタン一つで簡単。

表示速度も速いので、SEOの面で不利になることはありません。

Instapageは、WordPressをインストールしているドメインにアップできるので、すでに保有しているHPやブログのドメインパワーも使えます。

ドメイン直下に簡単にアップできるのでとても有利です。

Instapageの代替

機能や自由度はInstapageほどいらないけれど、もっと安いランディングページソフトがいい!という方は「ランディングページ作成ソフト比較!Instapage、unbounce、Leadpages、ペライチどれがおすすめ?」へ。

ランディングページ(LP)作成ソフト比較!Instapage、unbounce、Leadpages、ペライチどれがおすすめ?

これからは、ランディングページ(LP)を外注するのではなく、自分で作る時代。 自分でLPを作ることができれば、好きなだけテストできるし、すぐに変更もできる。 しかも、何より費用が格段に圧縮できます。 ...

続きを見る

InstapageとWordPressの連携も簡単

InstapageとWordPressの連携方法は、「InstapageとWordPressをプラグインで簡単に連携!Instapage WordPress Pluginの設定方法を日本語で解説」で写真付きで詳しく解説しています。

InstapageとWordPressをプラグインで簡単に連携!Instapage WordPress Pluginの設定方法を日本語で解説
InstapageとWordPressをプラグインで簡単に連携!Instapage WordPress Pluginの設定方法を日本語で解説

LP作成ツールの「Instapage」とWordPressの連携は「Instapage WordPress Plugin」プラグインで簡単連携! 面倒なドメイン設定など不要で、あっという間に自社のホー ...

続きを見る

まとめ

Instapage(インスタページ)は、料金が高いものの、ノーコードで誰でも簡単にプロ並みのランディングページが作れる優れたツール。

A/Bテストも簡単にできるので、どんどんランディングページの改善を図れます。

ランディングページの外注が不要になり、また、コードを勉強する必要もないので、売ることに集中できます。

これからは、ランディングページは自分で作り、どんどん短い時間でテストを繰り返していく時代。

一度フリートライアルを試してみては?

ノーコードで簡単に高品質なLPを作れる

Instapage14日間無料トライアルへ

ABテストも簡単

誰でも簡単にプロ並みのLPが作れる

Instapageバナー

オンライン講座を作るなら

Kajabiバナー

-LP(ランディングページ)
-