fbpx

Facebook広告

今さら聞けないFacebook広告とは?一番費用対効果がいい広告ツールです

Facebook広告は、広告の中で一番費用対効果が高い広告ツール。

少ない予算で、かつ、自力で出稿してもしっかり成果を上げられます。

まずは、Facebook広告って何?を知るために、簡単にFacebook広告の概要をまとめました!

Facebook広告とは?

Facebook広告とは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の中でも有名な「Facebook」や「Instagram」に配信できる広告のこと。

Facebook広告の特徴は、

特徴

  • ターゲティング精度が非常に高い
  • 少ない資金でもしっかり成果を出せる
  • Googleやヤフーの広告に比べ簡単なので、自力で結果が出せる

Facebook広告サンプル

Facebook広告はこんなふうに表示されます。

Facebook広告は、ターゲティング精度が非常に高く、少ない資金でもしっかり成果を出せる広告媒体。

そのため、初めて広告運用する場合でも、自力で広告運用が可能です。

広告でいちばん大事なのが、興味がある人に、興味にあった広告を出せるかどうか。

よく例えで出されるのが「砂漠で水を売れ」。

砂漠で喉がカラカラの状態なら、値引きすることなく水を売れますよね。

人が欲しがるものを、欲しがっているタイミングで提示できれば、簡単に売ることができます。

他の広告媒体では、ターゲティングの精度がFacebook広告に比べると低いため、運用テクニックが必要になります。

一方、Facebook広告なら、代理店の力を借りずして、自分でも興味がある人に、興味にあった広告出稿ができるんです。

ターゲティングとは、どんな人に広告を出すか。

たとえば、東京の港区で士業を行っていて、近隣の経営者向けに広告を出したい場合、「東京都港区の経営者向けに広告を出稿」といったことがFacebook広告では可能なんです。

Facebook広告で実現できること

Facebook広告を使うとこんなことが実現できます。

実現できること

  • 最短1日でお客様を自社のHPやブログ、お店に集客できる
  • 集客を安定して行える
  • セミナーやイベント集客など一時的に沢山の人を集めることもできる
  • メールアドレスやLINE登録を促してリストを構築できる

Facebook広告を使えば、「これまでHPやブログ、SNSで集客してもまったくお客様が集まらなかった」という悩みを一気に解決してくれます。

安定的にお客様を集められ、売上が安定し、経営が非常に楽になります。

何より、運に任せず、自分のさじ加減でお客様の量をコントロールできるのは一番のメリットです。

Facebook広告のメリット・デメリット

Facebook広告のメリット

メリット

  • ターゲティング精度が高いため費用対効果に優れている
  • 最短1日で成果を出せる
  • 1日千円以下の少額でも始められる
  • AIが優れているので自分で運用できる

ターゲティング精度が高いため費用対効果に優れている

Facebookは実名で年齢や性別、職業、住んでいる場所、言語、趣味や好きなことを登録しているため、とても詳細なターゲティングができます。

そのため、かなりピンポイントに絞って広告出稿できるので、少ない費用で効果を上げられます。

経営者向けのセミナー集客をしたいのであれば、日本国内の経営者のみに出稿したり、

お店を経営しているのであれば、お店の半径○キロ以内に住んでいる人といった出稿も可能です。

Googleやヤフーの広告では、Facebook広告のような精度の高いターゲティングができないため、どうしても無駄な費用がかかりがち。

ターゲティング精度が高いのはとても大きいメリット。

最短1日で成果を出すせる

Facebook広告は、スムーズに設定し、審査に通れば最短当日中に広告出稿を開始でき、成果をあげられます。

Web集客というとどうしても、ブログやSNSで無料集客というイメージがありますが、無料集客できるようになるまで、年単位で時間がかかります。

一方、Facebook広告を使えば1日。

スピードが早い今のビジネスなら、すぐに成果が出せるのはとても大事。

1日1日と過ぎていけばそれだけ経費が膨れていくので、いち早く売上を上げ、現金を手にすることは大きなメリットです。

千円以下の少額でも始められる

Facebook広告のもう一つの特徴は、少額でも成果ができること。

ターゲティング精度が高いので、1日予算を千円以下にしても成果を出すことは可能です。

お金がかかるので、広告出稿は怖いと思う方でも、少額で始められるので安心。

AIが優れているので自分で運用できる

Facebook広告は、AIが優れており、基本AIにおまかせして、出稿を続ければ広告の精度がアップしていきます。

そのため、広告代理店や代行会社に依頼せずとも、自分で効果的な広告運用ができます。

Facebook広告だけ出稿するのに、代理店にお願いするのはとてももったいないので、辞めましょう。

ただし、残念ながらほったらかしでは成果が上がらないため、最低限のPDCAを回して、日々改善していくことは必要です。

Facebook広告のデメリット

デメリット

  • 費用がかかる
  • 出し続けなければ集客が止まる
  • Facebook・Instagramを利用していない人には届けられない
  • 暇つぶしで利用することが多いので検索広告よりも工夫が必要

費用がかかる

最大のデメリットは、費用がかかること。

しかし、ビジネスでいちばん大事なのは集客。

どんないい製品やサービスであってもお客様に知ってもらえなければ、買ってもらえません。

集客にかける予算がなければ、売上を上げ続けるのは困難。

Facebook広告で安定的に集客できるようになると、経営が安定します。

これまでSEOで検索上位に表示させて自分のHPやブログで集客してきた方にとって、お金をかけてWeb集客することに抵抗がある方も。

SEOの変動で検索上位から陥落したら、その時点でWeb集客は0になってしまいます。

今、検索上位にいても、集客を安定させる方法はマスターしておいて損はないです。

出し続けなければ集客が止まる

当然、Facebook広告を出し続けなければ集客が止まってしまいます。

ただ、Facebook広告は柔軟に使えば、このデメリットもメリットとして使えます。

セールやイベントで大々的に集客したいときは、広告費をアップ。

一方、在庫が少なくなったり、人手が足りないときは広告費をダウン。

Facebook広告で集客をコントロールできるので、むしろ経営はやりやすくなります。

Facebook・Instagramを利用していない人には届けられない

Facebook広告は、FacebookやInstagramや一定のアプリに出稿されます。

そのため、FacebookやInstagramを使っていないユーザーには届けられません。

より幅広い層に訴えたいならGoogleやなどヤフーなど、他媒体との組み合わせが必要です。

ただ、Facebook広告で、ターゲットを日本とした場合でも「46,000,000人」の潜在リーチとなるので、初めての広告出稿なら十分のターゲット層です。

暇つぶしで利用することが多いので検索広告よりも工夫が必要

検索広告(リスティング)とは違い、FacebookやInstagramを見ているユーザーに広告が表示されます。

FacebookやInstagramを見ている多くの目的は暇つぶし。

広告に表示される内容を知りたくて見ているわけではありません。

そのため、Facebook広告でいきなりモノを売ったり、申し込みを求めてもなかなか効果が上がりません。

検索広告よりも売上につなげるためには工夫が必要。

ここを間違えると無駄に広告費がかかり、赤字になってしまいます。

なぜ費用対効果が一番いいのか

Facebook広告が費用対効果No.1の理由は、ターゲティングの精度のおかげ。

メリットのところでも書きましたが、実名で年齢や性別、職業、住んでいる場所、言語、趣味や好きなことを登録しているため、とても詳細なターゲティングができます。

住んでいる場所や、最近特定地域にいた人や、特定の地域を旅行中の人などにもターゲティングできます。

さらに、自社のHPに訪れた事がある方や、自社の顧客リスト(メールアドレスや電話番号などを利用)に登録している人向けに広告出稿することも。

広告の鉄則は、その人にあった広告を出すこと。

興味がある広告を的確に出せれば、それだけ高い効果を上げられます。

Googleやヤフーなどの広告との違いは、このターゲティングの精度の違い。

もちろん、検索広告で、今すぐ欲しいという層にアプローチできれば、てっとり早いですが、検索広告は高騰しがちで、費用が高くなってしまいます。

少ない費用で、効果が出せるのはFacebook広告だけです。

まとめ

Facebook広告は、自力で簡単に出稿でき、効果を上げられる数少ない広告媒体です。

しかも、少ない予算でもしっかり成果を出せる。

広告を出すのが怖いという方でも、始めやすいのが特徴です。

-Facebook広告